2018年6月24日日曜日

らっきょう仕事














今年もらっきょう漬けを仕込みました。

年々量が増え続け、今回は30キロ。店内に香りが充満しています。


元々は、おにぎりで一番好きな具材の『ツナマヨ』を、さらにおいしく食べるにはどうしたらいいだろうと考えた時に、たどり着いた答えが「らっきょうの醤油漬け」でした。
甘酢漬けしか食べたことはなかったけど、自分で手作りしてみて『ツナマヨ』が完成した時、ちゃんとイメージ通りの味になっていました。
今でも一番好きな具材です。(お店ではあんまり人気はないけど)

らっきょうの醤油漬け自体は、お酒のおつまみや、滋養のある一品として人気商品となり、仕込みが追いつかないくらいになりました。


去年はらっきょうを仕込む会としてイベント形式で行い、いろんな方にらっきょうの手仕事を体験していただきました。
らっきょう仕事は本当に地味で、さらに忍耐が必要です。

一粒ひとつぶ、先端と根を切り落とし、薄皮を剥く。
一キロでも100粒はあるでしょう。
ひたすら、切って剥きます。

ウチの漬け方は、下漬けなしで熱い漬け汁をそのままらっきょうにかけて終わり。
わりとすぐ食べられるようにはなりますが、個人的には涼しくなる9月10月頃まで漬けて、味が馴染んできた方が好みです。


古漬けになって味が濃くなったら、刻んでポテサラやカレーの隠し味に。
ひき肉と相性が良さそうだから、ミートソースやハンバーグに入れても美味しそう。

余った漬け汁は、お酢や塩で味を調整して再度漬け汁に。
生姜と一緒にきゅうりや茗荷、少し湯通ししたレンコンや人参などの根菜を漬けても美味しいです。
その他、酢飯にしたり、オイルを加えてドレッシングにしてもいいと思います。

それでも余った漬け汁は、次の年の漬け汁に加えてます。
前年のらっきょうの旨味が染み込んだ秘伝の漬け汁です。


今年は時間がなくイベントとしては出来なかったけど、また機会を作ってみんなでらっきょう仕事をやりたいですね。

2018年6月20日水曜日

のこいちば




















7月に開催されるイベント出張のお知らせです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『のこいちば』

○2018.7.7 sat ~ 7.8 sun
○open 11:00~19:00
○開催場所/noco

東京のチベット、青梅の山懐に抱かれる天然酵母パン屋「noco」で開催される
のこいちば。
「noco」と関わりのあるモノゴト作りのプロが織りなす
異国情緒溢れる大人マルシェな2日間。
美味しいパンは勿論、珈琲あり、料理あり、おにぎりあり
魅力的な古道具の数々や、木工、雑貨、そして投げ銭式のライブまで盛だくさん。
『のこいちば』では2日間、それぞれ違うアーティストによる
投げ銭ライブも開催いたしますよ。
雑貨や美味しいものに囲まれながら、心地よい音楽を。

●7.7 sat 「fla-fula」 
アコースティック、オルタナティブミュージック
出演時間/ 1)13:00~ 2)17:00~

●7.8 sun 「カラトユカリ×平方 茜」
うたとアコースティックギターとサックス
出演時間/ 1)13:00~ 2)17:00~

●出店店舗
いずん堂 ─ ビン詰・おそうざい ─
加藤けんぴ店 ─ おにぎり・芋けんぴ ─
KANNO TEXTILE ─ 諸国民藝・木履 ─
椿堂 ─ 木の家具と木の道具 ─
ねじまき雲 ─ 珈琲・ラム酒 ─
マルポー ─ 古道具・アクセサリー ─
noco ─ パン ─

※各店舗の提供内容についてはそれぞれのオフィシャルサイトをご覧ください。


●お問い合わせ
東京都青梅市柚木町2-332-2
0428-27-5456   http://noco.wpblog.jp/
・JR青梅線「二俣尾駅」下車 南口(改札を出て左方面)より徒歩 約14分
・JR青梅線「青梅駅」下車 南口 交番前よりバス「梅76丙 吉野行」
または「梅01 青梅駅前(都営)」(所要時間約20分)
バス停留所【奥多摩橋】下車 徒歩 約2分
*専用駐車場はスペースに限りがございますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関をご利用くださいますようお願いたします。また、吉川英二記念館斜向かいの市営「梅の里無料駐車場」もご利用下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはすごいメンバーです。
ウチが出店してなかったら、普通にお客さんとして参加してましたね。


おいしいものを食べたり飲んだり。
おもしろいもの、うつくしいものを手にして、心地よい音楽を聴く。

『noco』さんがあるのは、澄んだ空気の流れる青梅の奥地。
たしかにちょっと遠いけど、休日の小旅行気分で訪れれば、きっといい一日になります。



今期の芋けんぴ販売は、この『のこいちば』までとなります。
夏の間はお休みで、また秋の新芋の時期に再開します。

盛りたくさんな二日間。
ぜひお越しください。

2018年6月17日日曜日

結婚式












先日、結婚式を挙げました。


最近臨時休業が多かったですが、ほぼこの日のためでした。

親族だけの小さな式でしたが、会場、衣装、食事、引出物など決めるのは、なかなか気苦労の多い日々でした。

それでも、指輪や写真やお花、引出物などご縁のある方々のお願いでき、自分たちの選んだもので身の丈にあった結婚式ができました。

準備ができ神前に向かう参道に出た瞬間、雲の間から薄明かりが差し込んで、清らかな充実感に満たされました。

ご参列いただいた方々にもよろこんでいただけたようで、とてもいい一日になりました。


これからもいい時も悪い時もあると思いますが、二人で支え合いながら進んでいきたいです。

みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



そんなこんなで来月は長めの休暇をいただきます。
相変わらずいつやってるかわからないお店のイメージがつきそうです。

2018年6月16日土曜日

臨時休業


本日6/16(土)は臨時休業となります。
19(火)より通常営業です。
よろしくお願いいたします。

2018年6月12日火曜日

言葉や写真


言葉や写真が苦手でした。
苦手というか、信用していない感じ。

昔からあまのじゃくだったからか、しゃべりが上手い人やインスタ映えなんてきくと拒否反応を起こしていました。

どんなに上手く言葉や写真を使っても、表現できないものはある。
そんな風に思っていました。



でもそれは言い訳してるだけだし、否定する理由にはならないのです。


言葉や写真で表現できないものは確かにある。
しかし言葉や写真で見えてくるものもある。


今まで僕はそこに完璧を求めすぎてたのかもしれません。

言葉や写真もひとつのきっかけになればいい。


そう思うと、ちょっと気楽になれました。

別にたいしたことを言ってるわけじゃないけど、自分で勝手に背負ってる重いものを、ひとつひとつ脱ぎ捨てて軽くなっていくのは楽しいな、という話。





2018年6月10日日曜日

発送と次回販売

今回のネットショップでの芋けんぴは完売しました。
しばらくぶりの販売だったのでどうなるかと思っていましたが、想像以上の早さで全て売り切れました。
ありがとうございました!

ご入金を確認できた方から商品を発送します。
到着までいましばらくお待ちくださいませ。


次回販売予定はまだ未定です。

ですが予想以上のご注文いただいたので、できれば夏までにもう一度販売できたらと考えています。
しかしサツマイモの在庫状況や製造状況によりますので、決まり次第告知します。

よろしくお願いいたします。

2018年6月6日水曜日

web shop 6月


















※6/9 注文方法変更あり(詳細は下記参照)



6/10(日)21時より、web shopにて芋けんぴの販売を開始します。

今回も『芋けんぴ 食べ比べ4個セット』です。
数に限りがある為、お一人様二箱までのご購入とさせていただきます。
販売数に達し次第終了となります。ご容赦ください。


内容は、

当店定番の喜界島産きび砂糖の蜜をまとった『紅あずま』
夏に向けて食べたくなる、果実の甘みと柑橘のほろ苦さの『甘夏&レモン』(new)
芋本来の甘みが感じられ、おつまみにもなる塩味の『スモーク』
そして、揚げパンのような不思議な味わい『きなこ』(new)
か、
砂糖醤油の甘辛い蜜をまとった『みたらし』

の4種類です。


希望する方には、『きなこ』『みたらし』に変更することもできます。
注文ページの備考欄にその旨ご記入ください。
二箱中一箱分だけの変更も可能です。


『きなこ』が入った【芋けんぴ食べ比べセット(きなこ)】と、
『みたらし』が入った【芋けんぴ食べ比べセット(みたらし)】を販売します。

お一人様各一箱ずつ、合計二箱までとなります。
販売数に達し次第終了となります。ご容赦ください。




なお注意事項として、

2回注文をした場合、(二箱ではなく、2回送料が発生するということ)2回目の注文は予告なしにキャンセルとします。名前だけ変更して、同一住所の場合も同様です。

操作ミスということもあるかもしれませんが、それによって本来買えた方が売切れとなってしまいます。
落ち着いたご注文をお願い致します。



芋けんぴの販売は7月頭までの予定なので、web shopでの販売は今回が最後となるかもしれません。
また秋の新芋の季節になれば再開します。
でも今回のこの種類を食べられるのは今だけ。
その時季の味わいを感じていただけたらと思います。


最近うれしかったのは、別々の常連さんに続けて「芋けんぴが前よりさらにおいしくなっている。」と言っていただいたことです。

日々地道にわかるかわからないかくらいの工夫を重ねたものが伝わっていて、芋けんぴを作り続けている甲斐があったなあと。



たかが芋けんぴ。
されど芋けんぴ。

新茶や珈琲のお供に一息ついて、いい時間を過ごしていただければうれしいです。