2017年7月13日木曜日

7月のこと
















アジサイもそろそろ終わり、サルスベリの花が咲き始めました。
梅雨明け宣言は完全にタイミングを逃したようですね。


先日、加藤けんぴ店とねじまき雲で開催された『加トラリー展』は無事終わりました。
7/15(土)からは青梅「ベーカリー&カフェ noco」さんにて巡回ラリー展が開催されます。
また7/24(月)には、僕もnocoさんに出張して芋けんぴを販売します。
その都合で翌日25日(火)は臨時休業となります。



7/17(月祝)は海の日なので、11〜17時で営業いたします。
土曜より1時間早い閉店なのでご注意ください。


7/22(土)は、アナログゲーム療育アドバイザーの松本太一さんがお越しになり、アナログゲームをやっています。
飛び入り参加も大丈夫です。小上がりでワイワイとアナログゲーム、楽しいと思います。













7/12発売のオズマガジンに掲載していただきました。
ピクニックごはんということで、殿ヶ谷戸庭園にて素敵なおにぎりの写真を撮っていただけました。
熱中症には気をつけて、午前中などの涼しい時間にお出かけしてみてはいかがでしょうか。
その他中央線特集なので、おもしろいお店がたくさん載っています。
ぜひご覧ください。



芋けんぴの販売は7月末か8月初旬でいったん終わります。
再開は新芋が採れ始める9月中旬の予定です。

今年の8月は去年のようではなく、下旬に1週間ほどの夏休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。



2017年7月10日月曜日

おにぎりのオススメ














よく「オススメのおにぎりはありますか?」と聞かれます。
「どれもオススメでしょうけど…」と気を配ってくださる方もいますが、聞きたくなる気持ちはわかるし悪いことではありません。
何種類もあるとなかなか選べないし、どうせなら一番いいものを選びたいですよね。

聞かれたら、ちょっと珍しいかもしれない『油揚げおかか』とか『特製ツナマヨ』とか『玄米の季節おにぎり』などをオススメしています。

それはそれで悪くない対応だと思っているのですが、もう少し本音を言わせてもらうと、おにぎりって具材を食べてるわけじゃないんだよなあと思ってます。


おにぎりは具材もそうだけど、お米、塩、海苔とシンプルながら、ひとつひとついろんな方の想いと仕事が詰まったもので出来ています。
それぞれ信頼できるプロがいて、僕に出来るのは具材を作る、ごはんを炊く、そして握ることです。

その中で一番力を入れているのは、ごはんの炊き方です。
どんなにおいしい具材でも、おいしいごはんが炊けないと、おいしいおにぎりにはなりません。


なので本当は一番オススメしたいのは、「ごはん」なのです。

ということで、明日から『塩にぎり』をメニューに加えます。
白井米店さんが選んだ2種類のお米を季節に合わせてブレンドして、沖縄県産自然塩で握ってます。
写真にはついてないけど、海苔もちょこっと巻いて、これぞおにぎりという形にするつもりです。

改めて『塩にぎり』を食べると、ごはんのおいしさと共に、おにぎりを食べてる感に満たされると思います。

具材もいいけれど、、
おにぎりを楽しんでいただければうれしいです。

2017年7月4日火曜日

のこり

 












加藤けんぴ店とお隣のねじまき雲さんで開催される『加トラリー展』は7/5(水)までとなります。
7/6(木)は搬出のため臨時休業いたします。


先日追加納品された、花器にも使えそうな大きな徳利、とてもきれいな鉄瓶、かわいいレンゲなどもお値打ち価格でまだまだございますので、ぜひ手に取ってみてください。

 











イベントに合わせて登場した「ところてん」「とうふと焼き芋のアイス」「レモネード甘酒割」もまだまだあります。

一気に出しすぎてあまり紹介できてませんでしたね。

どれも暑い日を乗り切るのにピッタリだと思うのでぜひお試しください。


それではイベントは残り2日。
お待ちしております。

2017年6月29日木曜日

靴を脱ぐ















先週より始まった4店合同企画『加トラリー展』。
加藤けんぴ店、ねじまき雲での開催は7/5(水)までとなっています。

多くの方が真剣に悩み、お気に入りを見つけられたようです。
見つけ出された古道具たちを梱包していると、こんなにいいモノだったのかと、なんだかうらやましくもなります。

後半はさらに追加の納品もあるようなので、まだまだ掘り出しモノが出てきそうです。



選んでいるお客さんを見ていて、おもしろいと思ったのは畳の小上がりの存在です。

ウチのお店はちいさなお子様もよく来られます。
その子達の多くが、小上がりを見つけるとすぐに靴を脱いで上がっていきます。
そして跳んだり、寝転んだり、なにかを手に取ったりします。

でも大人になるとなかなか靴を脱がないんですよね。
小上がりにある古道具も、最初は手の届くところだけ見たり、膝立ちで手に取ったり。

ところが靴を脱いで選びだすと、グッと真剣さが増します。
靴を脱ぐことによってなにかが解放されて、子供心に戻るのか。
定かではありませんが、そっちの方がいいなあと思うので、選ぶ時は靴を脱ぐことをオススメします。


では後半もよろしくお願いいたします。
もしかしたら追加メニューもあるかもしれません。


2017年6月22日木曜日

宝探し















マルnocoねじ 加トラリー展』
6/23〜7/5  6/28、29お休み
11〜18時

いよいよ明日より開催の4店合同企画『加トラリー展』。
無事搬入も終わり、加藤けんぴ店がいつもと違う空間になりました。

いつもと違うけど、全然違和感なく馴染んでいるような。
のんびりと和食器など手に取ってみてください。

お隣のねじまき雲さんで販売されている洋食器もかなり素敵でしたよ。
こちらも合わせてご覧いただければ、楽しさ倍増です。


特別メニューも何個かご用意しています。
目玉は「豆腐アイス」です。










アイスとは何ぞや?というところから始まり、試作を繰り返した一品。
ヘルシーとかじゃなく、おいしい豆乳と豆腐でおいしいアイスを作りたいという想いで作りました。
焼き芋アイスと塩けんぴのセットでお出しします。

宝探しの余韻に浸りながらお召し上がりください。






2017年6月20日火曜日

らっきょう漬けの会

 











先日、有志の方々が集って「らっきょう漬けの会」を行いました。

こういうの一回やってみたいと思っていたので、今回はこじんまりとした会に。


らっきょう漬けは最初は「よし!やるぞ!」と思っていても、本当に一粒一粒根を切って、薄皮をむいて、と近道のない地道な作業です。
みなさん苦戦していましたが、丁寧な仕事をされてピカピカのらっきょうが出来ていました。

出来た後はみんなでおにぎりを食べました。











炊きたておにぎりと味噌汁。じゃがいものかき揚げ。
そして、せっかくなので生らっきょうを使った一品を。
今回は
らっきょうの天ぷら
トマトとキュウリのサラダ らっきょうドレッシング
を作りました。

いつもと違うらっきょうの食べ方ができておもしろかったです。


思ったより大変だったけどありがたみを感じられるようになった等の感想をいただき、やってよかったなと思いました。
手仕事は仕上がるまでの時間も楽しみですね。

また機会があれば開催したいです。

2017年6月14日水曜日

カトラリー展


中古厨房用品店に行くのが好きだ。
何に使われてたのかよくわからない道具や、古い旅館なんかにありそうな小物など、所狭しと並んでいる。
行っては隅から隅まで見て回り、掘り出し物を探す。

店で使っている味噌汁の器はいい買い物で、ちゃんと木で出来てて質感もいいのに、とても安価で手に入った。
ついつい買ってしまうのはガラスコップ。
いろんなものがある中、丈夫そうな実用性と普遍的な美しさがあるものに惹かれてしまう。
後日別の店で同じものをみつけたら、業務用の定番品だったりロングセラーのものだったり。
たまに100円均一で出会ったりもする。

一度だれかの手に渡り、もう一度売り場に並べられたモノ達は、肩書きや余分な情報は洗い流されてただそこにある。
価値は自分でみつければいい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














というわけ?で開催されます「マルnocoネジ 加トラリー展」。

古道具マルポーさんの新旧こだわらないセンスでセレクトされたカトラリーを、
前半6/23(金)〜7/5(水)は、「加藤けんぴ店」とお隣「ねじまき雲」さんで。
後半7/15(土)〜7/30(日)は、「noco」さんにて展示販売いたします。

期間中は営業時間が11〜18時と、通常とは異なります。
またお休みも6/28(水)、29(木)となります。
お間違えなきようお願いいたします。

各お店の営業時間もご確認の上、お越しください。



ところで僕もどういうものが並ぶのかわからないのだけど、マルポーさんの選ぶものは骨董とかアンティークとは違って、まさしく古道具というもの。
ごちゃごちゃうるさい肩書きなんかなくて、単純にいい!と思えるものばかりで、自分だけの宝探しができます。
僕も狙ってるものもあるし、いろいろ買っちゃいそう。
楽しみです。

店内で食べられる特別メニューも考えているので、ぜひお越しください。