どうぶつの線














この夏は陶器粘土でひたすら動物を作っています。

納得のいくものにはまだ全然だけど、少しずつポイントは掴めてきました。


どういう想いがあって、それをカタチに落とし込むかを考えるのは、今までやってきたデザインと変わらないところです。

2次元のグラフィックデザインでは、本質をとらえた美しい線を探そうとすると、シンプルで削ぎ落とされた、ある意味デフォルメされた線になることが多かったです。

初めはその意識で動物を作ろうとしていたら、自然とリアルな造形に近づいていました。


これは動物の本質的で美しい線というのは、現実の姿そのままでもう完成されているということだと思います。

リアルに作られているはずのフィギュアが、どうにも違和感を感じるのは、そのままの姿を表現できてないからじゃないでしょうか。


自然が生んだ完璧な造形。

そう思うと動物の存在が、さらに尊く感じます。

その姿を表現できるようになりたいですね。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6周年

商品発送について

今回、ネットショップにてご注文いただいた皆様、ありがとうございました。 準備が整い次第、順次発送しています。ご到着まで今しばらくお待ちください。 6周年記念の『ねじまき雲珈琲豆詰め合わせBOX』は完売となりました。 家でのんびりとおやつ時間を楽しんでいただけたらと思います。 引き続き11/21(日)まで、芋けんぴのネット販売は行なっています。 機会が合いましたら是非ご利用ください。