どうぶつの線














この夏は陶器粘土でひたすら動物を作っています。

納得のいくものにはまだ全然だけど、少しずつポイントは掴めてきました。


どういう想いがあって、それをカタチに落とし込むかを考えるのは、今までやってきたデザインと変わらないところです。

2次元のグラフィックデザインでは、本質をとらえた美しい線を探そうとすると、シンプルで削ぎ落とされた、ある意味デフォルメされた線になることが多かったです。

初めはその意識で動物を作ろうとしていたら、自然とリアルな造形に近づいていました。


これは動物の本質的で美しい線というのは、現実の姿そのままでもう完成されているということだと思います。

リアルに作られているはずのフィギュアが、どうにも違和感を感じるのは、そのままの姿を表現できてないからじゃないでしょうか。


自然が生んだ完璧な造形。

そう思うと動物の存在が、さらに尊く感じます。

その姿を表現できるようになりたいですね。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示