市場カゴ修繕


最初にお知らせです。

今週末の特別メニューは「みかんライス」の予定でしたが、「いなり寿司」に変更となりました。

いなり寿司好きのみなさま、お楽しみに。






さて、写真の市場カゴは、芋けんぴをリヤカー販売していた9年ほど前に買ったものです。それ以降、様々な場面で活躍してくれました。


しかし、丈夫な竹素材とはいえ、長年使い続けると底の角が割れてきてしまい、補強の竹の棒も外れてしまいました。でも、そこさえ直せば、まだまだ使い続けられるので、自分で修繕することにしました。





穴に当てる天然革を切り抜きました。

今は100均でも、革や道具が売られているんですね。







革用の菱目打ちはないので、裁縫用の目打ちで、適当に穴を開けます。









ロウビキの手縫い糸で縫いつけました。

縫い方もだんだん慣れてきました。









補強の棒も手縫い糸で固定します。










革を角に縫いつけて完成です。

より長く使い続けるために、内側にも当て布のようなものを付けた方が良さそうです。


これからもどんどん使っていきたいと思います。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示