本金継ぎ



エポキシパテと合成うるしを使った簡易金継ぎはやったけど、本物の漆を使った金継ぎもやってみたかったので、上の欠けた器から始めてみました。


左の器は欠けが浅いので漆のペースト(錆漆)でいけそうだけど、右の二つはそれなりに深いので漆のパテ(刻苧漆)で欠けを埋めます。




まずは生漆に小麦粉を混ぜて麦漆を作ります。写真左、真ん中

麦漆に木粉を混ぜると刻苧漆(こくそうるし)の完成です。写真右


初めて作った刻苧漆は結構粘りがあって、器の欠けを埋めるには難しかったです。

配合の割合とか練り具合とか要改善です。


あ、刻苧漆を塗る前に生漆を薄めて下塗りしています。

一日乾かして、なんとか埋め作業終了。












錆漆はとの粉を水で練ったものに生漆を混ぜたもの。

こちらももう少し水分を抜いて塗りやすくした方がよかったです。

小さな欠けはこれで充分。


本物の漆は乾くのに時間がかかるので、続きは後日に。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6周年

商品発送について

今回、ネットショップにてご注文いただいた皆様、ありがとうございました。 準備が整い次第、順次発送しています。ご到着まで今しばらくお待ちください。 6周年記念の『ねじまき雲珈琲豆詰め合わせBOX』は完売となりました。 家でのんびりとおやつ時間を楽しんでいただけたらと思います。 引き続き11/21(日)まで、芋けんぴのネット販売は行なっています。 機会が合いましたら是非ご利用ください。