金継ぎ2

以前の金継ぎ記事を見て、時間がかかるし、技術もないのをご了承の上、割れた器を預けてくれる方がいました。


1月後半に修復開始。

少し厚めの小皿で、材質は結構土っぽいです。

カケラは最初ひとつだったのですが、触っていたら割れてしまいました。スミマセン…


漆の付きがよくなるように生漆を薄く塗ります。

小麦粉と生漆を混ぜた麦漆で接着します。


他の器も金継ぎしていましたが、完全に固まるまで1〜2ヶ月かかりました。


接合部分は細かく砕けているところもあり、少しズレや隙間もありました。


はみ出た麦漆を彫刻刀や耐水ペーパーで磨きます。

先程の亀裂や欠けを砥の粉と漆を混ぜた錆漆で埋めていきます。


ここでも固まるのに1〜2ヶ月かかりました。湿度は保っていましたが、まだ寒い季節だったので気温も影響しているのでしょうか。


錆漆を磨き、メラミンスポンジで汚れをとれば、大分それっぽくなってきました。


あとは下塗りなどを重ね、金粉を蒔けば完成です。

やっぱり近づいて見ると完成度はまだまだな感じ。

金粉が付いたらまたご報告します。


自分用の器は、欠けやらヒビなど多数。

こちらももうすぐ完成予定です。


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示